ようこそ ゲスト さん。ログインしてください。
新規会員登録は、こちらから。
  ログイン    ID   パスワード      
コンテンツ flagflag

u-inspector sifi Click Here
TEMography Channel


ATTEM

概要

ATTEM( 呼称: アッテム) は透過型電子顕微鏡(TEM) の状態を定常的に記録する状態監視ソフトウエアです。記録対象は、高圧系、真空系、光学系、試料ステージ等、装置本体の各部に加え、室温(※1)、 冷却水温(※1)といった外部環境も含まれますので、この記録を観察・分析することで、装置の詳細な使用状況、消耗部品の交換時期、調整の必要性を正確に把握・管理できるようになり、装置の性能維持を容易にします。  また、ATTEM には、記録のみならず装置本体や設置環境に何らかの異常が発生したと判断された場合、自動的に装置管理者やサービスエンジニアにこれを通知する機能が搭載されています。この通知を受けたサービスエンジニアが故障発生前後の記録データを解析することで、たとえ遠隔地からでも原因の推測が可能となり、リモート環境を使った復帰操作(※2)や、あらかじめ修理に必要なパーツの準備が可能となり、結果的にダウンタイムが大幅に短縮できることが期待できます。

(※1)オプションのセンサを設置した場合。
(※2)別途システムをセットアップする必要があります。



構成

ATTEM は、Monitor、Logviewer、Configurator という3つのアプリケーションから構成され、これらのアプリケーションはTEM をコントロールしているPC(TEM Center、TEMCON 等が動作しているPC、以降TEM-PC) にネットワーク接続された任意のPC にインストールすることができます。  Monitor は、バックグラウンドタスクとして動作し、TEM 本体の各パラメータをTEM-PC からリアルタイムに取得、その表示や記録を行います。また、特定のパラメータがあらかじめ決められた条件になった時にアラームを表示しますが、当該のPC がインターネットに接続されていれば、そのアラームをe-mail で通知することも可能です。 Logviewer は、長期にわたる記録を効率よく、グラフィカルに観察、解析できるような機能を備えています。 Configurator は、パラメータの取得、表示、記録、アラームといったMonitor の動作をきめ細かくカスタマイズ可能とすることで、コンピュータリソースやネットワーク環境、TEM の機種、アタッチメント、運用の形態に合わせた最適なセッティングが行えます。



仕様

対応電子顕微鏡 JEM-1400, JEM-1400Plus, JEM-ARM200F, JEM-2100, JEM-2100F, JEM-2100Plus, JEM-2200FS, JEM-2500SE, JEM-2800, JEM-ARM300F, JEM-3100F, JEM-3200FS
環境 OS: Windows(8.1/8/7)
Runtime: .NetFramework4.0 もしくは.NetFramework4.5

プリンタ用画面
前
ATTEM
カテゴリートップ
ATTEM
Pickup photo
Gyroid
ご案内
言語選択

SSL Globalsign Site Seal

Copyright (C) SYSTEM IN FRONTIER INC. All Rights Reserved.